精神分析

精神分析はジークムント・フロイト(1856-1939)が神経科の医師としての治療から生み出した心の治療法であり、精神分析が提唱する無意識を含めて人のこころを理解していく人間観は20世紀最大の知の発見に数えあげられています。現在ある心理学、心理療法のほとんどは元は精神分析から生まれたといえます。

欧米では精神分析は心の治療法としての確固たる地位を確立しており、このオフィスのように治療者のプライベートオフィスで治療を行うスタイルが一般的です。日本では精神分析が十分根付いてこなかった歴史があり、プライベートオフィスで行う本格的な精神分析治療は漸く少しずつ増え始めている段階です。

精神分析では、患者さんは落ち着いた面接室の中で、カウチソファーに横たわったくつろいだ姿勢でいます。治療者は患者さんの頭側の少し離れた場所に椅子に腰かけます。お互いの顔は見えない状態です。この状態で患者さんは心に思い浮かぶことをなるべくそれに抑制をかけたりせずに話してもらいます。そうして話された患者さんの言葉を素材にして、患者さんと治療者とで患者さんの心について思い巡らし、何か新たな理解をみつけていきます。こうしたことを毎回50分かけて続けて行きます。

患者さんがその50分の中で、苦しくてなかなか直視できないものも含めたさまざまな自分の心を自由に描き出すことができ、治療者がそれを共に味わう中で何か助けになる言葉を生み出し、患者さんがその治療者の言葉をうまく使い自分なりに新たな心の理解をみつけていく、こうしたことが起こることを目指して精神分析のセッションは進められていきます。自分の心の中の切実な世界、時にはとても苦しいものも含む切実な部分を言葉にして眺めることができ、さらにそれを共に眺める他者である治療者の感じ方を使って新たな心の理解を創造していくことを目指すこの精神分析の営みには、実に豊かで様々な治療作用、心の育成作用が詰めこまれています。

まず、このような心の共同作業を重ねて行くことで、自分の心の考えてもみなかった様々な世界を認識できるようになりますし、自分ひとりで自分の心を理解する力が豊かになっていくことも起こってきます。さらに、こうしたことができるようになるのには長い共同作業を重ねて患者さんと治療者が相互理解を深め、互いにやりかたをみつけていくための長い期間が必要なのですが、その過程そのものも重要な治療作用をもちます。

例えば、心の切実な部分を治療者という他者と安全な気持ちで眺められるようになる過程の中で、日常生活のいろんな場面で孤独や或いは他者の存在に圧倒されず安定した心の状態でいられる能力が育まれていきます。また他者の援助を適切に活用できるようになること、つまり援助が信用できず使えないとか、援助を過大に評価するがために現実的にきちんと援助を活用できないといった状態にならずに活用できるようになることは、この社会で他者と協力し合って生産的に生きていくためのさまざまな能力を育みます。

こうして精神分析の中でさまざまな能力が育まれることが目指されますが、それらは、これまでの人生の中で親との関係やその他の重要な人間関係を通してもうまく育んで来れなかった心の安定や生産的な機能であり、精神分析はそれらを改めて獲得し直す機会を提供する治療法といえます。

生活全般にいきわたるこうした心の変化が起こるためには、精神分析が生活の一部としてしっかりと組み込まれ、時間をかけて何度もセッションを行っていく必要があります。そのため精神分析の治療には頻度も年数もかかります。頻度については、欧米で行われてきた本来の精神分析では週4~5回で行いますが、最近ではより少ない頻度で行われることも多くなってきています。個々のケースによって最低限必要な頻度は変わってきますが、精神分析という治療の効果が得られるためには、少なくても週1回の頻度は必要です。